まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

映画 『ソロモンの偽証 前篇・後篇』  


ソロモンの偽証 前篇・後篇


公開年:2015年(日本)
主演: 藤野 涼子


宮部みゆきの長編作品にして、「週刊文春ミステリー」ベスト10と

「このミステリーがすごい!」で2位にランクインした名作です。


ホワイトクリスマスの夜、ある中学校で一人の男子生徒が転落死。

警察は自殺と判断したが、他殺をほのめかす怪文書が学校や主人公に届く。

その怪文書には、その学校では有名な不良であるという男子生徒が屋上から

落としたところを見た、という人物から届いたものだった。


しかし、学校はこれ以上コトを荒立てないように、と隠ぺいする。

一度死因を断定した警察も動かない。

そんなとき、もう一人の同級生が関連死をとげてしまう…。


納得がいかない主人公は、不良を被告人とした、学校内裁判を開こうと

同級生はおろか、先生や周囲の大人たちを巻き込んでいく。

その先には、まさかの結末が待っていた…。



個人的には前篇の方がハラハラ、後篇はシットリといった印象です。

特に前篇最後の永作博美が怖い…。なんだったんだろうか。

思春期ならでは、さまざまな葛藤を抱え、心臓がキュッとなる感じ。

本の方は3部作のようですね、ひとまずは読まなくても良いカナー。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment