まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

2016年 30代半ば。 


仕事のこと。

基本的にはバリバリと音がするほど仕事に追われたい。

お酒を飲まない方が、やはりパフォーマンスは上がる…というか。

お酒を飲んだ次の日の、自身の判断力が欠けている感じがとてもイヤだ。


それでもお酒を飲まないと、ストレスが溜まる一方で。

酒を断つ!という選択肢も考えんでもないんだが、

仕事に追われる一方でコミュニケーションをおろそかにしがちで。

飲みの場が円滑油のような状態。飲み方を考える他ないのかな?



勉強のこと。

毎日(飲酒日以外)、勉強に励む。自分で決めたルール。

知らないことを知る悦びを欲するのは母親譲りだろうか。

自分は無知だし、熟達していて他人に教えられるものもないし。

それらを補うには勉強だ~!


でも。他人だって、みな100%正しい話をしているワケではない。

自分は、単に間違って恥をかくことを極度に恐れているのでは…?

心のどこかでは分かっている。

自信を持って話す中で、間違いながらも知恵を磨いていくことこそが、

きっと勉強で得る知識よりも尊い。

それでも踏み出せないのは、やはり恥ずかしいからか?



将来のこと。

実のところ、転勤族はしょうに合っている。と思ってる。

勉強と同じで、いろいろな所へ行ってイロイロ見たい。

自分の世界の小ささを実感できる。


でも。親、兄弟、妻、子ども、それぞれの未来。

家や貯蓄、自分のリタイア後はどうするんだろう。

避けて通れない未来。でも考えないようにしてきた。

自分だけが不幸になるのは、まぁ最悪かまわないけども、

自分の身の振り方で他人の人生まで左右してしまうこと。

もう結論が必要だ。頭では分かってる。



自分のこと。

昔から肝に免じているのは「因果応報」。

現在意識していることは

「明日突然死んでも悔いの残らないように生きること」。

良い家族、良い友人、良い職場。

これ以上望んだらバチが当たるくらい恵まれている。

さて、これから意識しなければいけないことは果たして…?



30代半ばを迎え、戒めの意味を含めて。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment