まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

gacco インタラクティブ・ティーチング 第三週  

gacco



インタラクティブ・ティーチング第三週のおさらい。

第一週の復習

第二週の復習



・モチベーション、とは?

 望ましい状態や結果に達する為に、人が行う個人的な投資。

 行動の方向・強度・持続性・質に影響を及ぼす。

 要素は3点…①価値 ②予期 ③環境


 ①価値

 その人にとってどういう価値があるか示す。

 達成価値…自転車に乗れた!

 内発的価値…自転車に乗ると楽しい!

 道具的価値…自転車に乗ると痩せる!


 ②予期

 自分なら出来ると判断(=予測)する。

 高い目標があり「出来っこない!」という場面では、

 ポジティブな結果予測…特定の行動が望ましい結果をもたらす

 効力予測…自分は望ましい結果に向かって行動できる

 この信念を本人が持てるかどうかがカギとなる。


 ③環境 

 協力的環境であると感じられることで、

 相互作用によってモチベーションが強化される。

 一緒に取り組む仲間、教える側の熱意、など。



・熟達とは?

 特定の分野における高度な能力の獲得に至ること。

 熟達に至るための要素は3点。

 ①部分スキルの獲得…シュート、パス、ドリブル

 ②スキル統合…パスを貰ってからのシュート

 ③スキルを適時に使える…試合中敵をかわしてシュートを打つ



 専門家は必ずしも人を熟達に導くのが上手ではない。

 熟達までの意識は4段階。

 ①無意識的無能 ②意識的無能

 ③意識的有能 ④無意識的有能

 専門家は④であり、学びに来る方は②③段階。

 ④の方は有能なあまり、細かい説明を常識として省く。

 たとえば、「軽く炒める」という言葉で済ませるのではなく、

 「中火で3分程度菜箸で混ぜながら…」というように、

 それぞれの動作を分解して説明すると相手に伝わり易い。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment