まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スタバ観察 


本日も足繁くスタバへ通う。

新聞を読みながら、店員や顧客を観察かんさつ。


今日の店員さんは、豆を袋に詰めたり、棚卸をしたりと。

やることは一杯あるようです。

しかし、忙しい素振りは全く見せず、自然な笑顔。←ポイント①


そして、作業中でも2~3名顧客が列に並んだらすかさず中断、

「奥のレジへどうぞ」「メニューご覧になりますか?」←ポイント②

かなり客席側を気にしながら作業しているのが印象的。


自分のように食事をする人間が食べ終わった皿を置いておくと

「お済みのお皿片づけます」 の帰れコールなし。←ポイント③

顧客目線のオペレーションで素晴らしいと感じます。


レジにいたカウンターの女性。

慣れてなさそうな感じが動作に出ていたが、、、

それでも、必ず目を見て笑顔で応対している。←ポイント④

ちょっと段取りが悪くても応援する気持ちになります。


飲食店でありがちな、「新メニューが出ましたがいかがですか」

スタバでは聞いたことがありません。←ポイント⑤

恐らくCM等で告知を行っていることも理由ではあるんですが、

常連さんって飲み物だいたいいつも同じだから、

勧められて断るのは気が引けて、店に行かない理由になる。


新メニューは流行りに敏感な若者が自然とチョイスしていくもの。

お店が売りたいものを勧めないこと。

些細なことながら、非常に良いオペレーションと思います。


忙しい中でも来客が途切れるタイミングがある。

それでもよく見る従業員同士のおしゃべりはなし。←ポイント⑥

従業員同士の笑い声や指導(怒声)って、耳障りですので。

店の雰囲気を壊さないでとても良し。


結構個人個人のポテンシャルが求められるようなイメージですが、

大切な部分をしっかりと教育している印象を受けます。

論評する立場にないですが、言わせて下さい。流石はスタバ!


顧客層は、ショッピングモール内なので親子連れかな?

見ていて3世代で来ている方も多いですね。

そして、ポイント③に繋がってきますが滞留時間は意外と短く、

平均すると15分程度。

しかも持って帰る顧客が多い。ショッピングモールだからか?

要は、自分のように2時間も居座る顧客は稀であり、

顧客を無理に回転させる必要がないのだと分析。


食事のように机がないと食べられない訳ではないから、

座る席がなければ持って帰るのが自然な流れではありますが。


波に乗っているスタバに今後も期待!





…新聞はしっかりと読んでます。。。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment