まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチパチでびゅ~♪ 


雨がシトシト

(アジサイは綺麗ですね

20070622225926.jpg


それでも中途半端な梅雨が続いておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか


暑くなったり寒くなったり忙しいですが

体調管理にはお気をつけ下さい



。。。。。。。。。。。。。。。。。

さてさて、2ヶ月振り?

東京の本社で会議があったんで、

ついでに先輩方と飲んだくれました



川上さん、またまたご馳走様っす!

『天使の誘惑』まで手が回らなかったのは

残念ですがまた次回に(笑)




んでもって、最近業界を流行らせている\r
イチパチ


20070622224423


イチパチとは??


パチンコは1玉4円で借りるのがこれまでの常識。

店のシステムにもよるが、大抵は500円ずつ玉を\


借りていき、大当たりが出るか、はたまた持ち金が

なくなるまでそれを続けていく。



20070622225333.jpg


イチパチだとこのように200円ずつ借りていく。

つまり今までより4倍長持ちなんです。

(例えば1万円使う→これまでの4万円使うのと同義)



なぜこのイチパチが現れたかは自分も具体的に

分かっているわけではないですが、

①現在の射光性の高いのが風適法上よろしくない

→より射光性を下げたい

(パチンコ業は風俗営業に含まれます。

ほかにはゲーセンやカラオケなんかも)

②メーカーが速いペースで新台を売り出し、

競合店に負けないよう、各パチンコ店が入替を\r

頻繁に行う→機械費の高騰で経営圧迫\r

③スロットの5号機問題による遊技者離れ\r

→新しい顧客の開拓\r


この辺が関係していると思われます。



イチパチは射光性が低い分、経営側としても\r

利益が得がたく、遊ぶ側も負けない代わりに

儲からない、ゲーセンに毛が生えた程度になります。


なので客層が変わるのは確かでしょう。

暇つぶしには最適ですが、パチプロにとっては

死活問題ですからね。。


ただ上記の理由やパチンコ店の飽和状態で

他店との差別化を図る為にはこういった

やり方もまぁ一つの手なんでしょう。

経営者も大変ですな。

。。。。。。。。。。。。。。。。

さてさて当然のことながらイチパチは約8,000円負け。。

交換率が低いと1箱2箱程度で交換するのがめんどくて。。



帰りの高崎線では電線が切れたんだかなんだかで

上野のホームで1時間待ち&電車社内すし詰め状態

時間は普段の2.5倍かかるし、

王将ラーメン食べたら中に輪ゴム・・・


日頃の行いの賜物か(笑)




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。