まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海辺のカフカ』 


海辺のカフカ (上) 海辺のカフカ (上)
村上 春樹 (2005/02/28)
新潮社
この商品の詳細を見る


さて、またまた本のご紹介。

いわずと知れた村上春樹の代表作、ですがやっと読みました。


ジャンルで言ったら『ファンタジー』なんでしょうねぇ。


正直言って一回読んですべてを理解できませんでした。奥が深いんです。


15歳の少年が日常の生活に嫌気が差し、住んでいる東京は中野区から四国に失踪(家出?)する。

少年には父親がいるんですが、息子が失踪してすぐ殺されてしまう。

実は父親が死を望んでナカタさんに殺させたんですが。。



何だかコトバで説明するのは難しい。
死の世界が絡み合い、話が複雑化しているんです。
しかし部分的には妙にリアリズムを追求しているような箇所も。
ほんと難しいわ~。


読んでもらうのが一番ですが、本を読みなれない方には向かないかも??

試しにチャレンジしてみても

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。