まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一冊 重力ピエロ 

重力ピエロ 重力ピエロ
伊坂 幸太郎 (2006/06)
新潮社
この商品の詳細を見る



久々に本を買って読みました。

伊坂さんの作品は初めて

結構楽しめました




ある兄弟の、というか弟の復讐劇のはなし。

ただしこの目線で話を読むとサスペンスじゃなくなるので注意。
(ここで書いてしまっている時点でアウトだな

これから読む人は読まないことをお勧めしますね


お兄さんは遺伝子関係の仕事、弟は街でよく見かける壁の落書きを消す仕事をしている。

今回は壁に描かれたグラフィックアート(落書きではなく芸術性の高いもの、らしい)とその近辺で起こる火事が連続で起こる。

その壁の落書きを弟が仕事で消して回りながら、兄とその解決を目指して奮闘するのだが・・・。


最後はお父さんも死んでしまい涙ぐましいことになります。

ズバリ!犯人は弟自身だったのですがその犯行の理由には彼の出生の秘密が隠されています。

読み応えあったな~



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。