まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

死ぬ、ということ。 



人の死に触れる機会が増えて来たように感じる。

正確には、「人が死ぬ」ということを理解できる歳になったというべきか。


とっても気丈な人、だったということになる。

ガンを患いながらも周囲にはそれを感じさせず、その訃報は周囲の人間を驚かせた。


自分の死期を悟り、家に帰ろうとする奥さんに対して

「今晩が最期になる。一緒に居て欲しい。」

これが唯一のわがままだったそうで。。。


死んだ後、葬式の段取りから我々の交通費に至るまで遺言を残し。

決して付き合いが深いワケではなかった。

それでも、もっと話してみたかったと。

IMG_2694.jpg

こころより、ご冥福をお祈り申し上げます。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment