まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『利休にたずねよ』 


利休にたずねよ


公開年:2013年(日本)
主演:市川海老蔵


恵まれた才能で織田信長に見込まれ、

広く世間にその名が知られるようになった利休。

その人徳に恐れる豊臣秀吉は難癖をつけて利休を自害に追い込む。


今放送中の大河ドラマ「真田丸」が豊臣側の視点から描かれている為

豊臣秀吉を好々爺として描いていますが自分が昔から教えられてきた

秀吉って本来コッチのイメージで。

低い身分からスタートしている分、嫉妬心満載でネチッこい感じ。

この映画はそういう意味でイメージ通りでした。


利休を演じる海老蔵が寡黙で、非常に重みを感じる良い演技でした。

本当の利休もこの映画のように、ただ"美"を追求していたのか。

はたまた、金の亡者だったのか。権力が欲しかったのか。

この映画は本当に澄んだ心を持った方だったのだと信じたくなります。

静かで美しい良い映画です。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。