まさやのへや。

徒然なる日々を忘れないための備忘録、です。

スポンサーサイト 

今日の一冊 十津川警部 告発 

十津川警部「告発」西村 京太郎 (2006/10)角川書店この商品の詳細を見る今回の話の焦点は「思考認識装置」。つまり考えた瞬間に行動することが出来る。今までの戦車を動かすのには役割分担もあり3人は必要だったのが、この装置の開発によって1人で動かすことが出来るようになるということ。しかも乗った瞬間に動くから機動力、俊敏性が違う。今回はこれを戦争に使おうと、ある企業と防衛庁が企てる。深く考えずに見れば人件費も...
Read More

今日の一冊 VOICE 

VOICE市川 拓司 (2006/10)アルファポリスこの商品の詳細を見るただただ寂しい、そんな話。。。お互いがお互いを認め合っているのに決して結ばれることのない愛。純粋であるが故に傷つくことが、傷つけることが怖い。著者の市川拓司はこの小説を、たった一人の読み手のために書いたのである意味読む人間を選ぶ小説である、と語っています。このたった一人、というのは小説に出てくるヒロインの裕子。愛を育む、といった未来に向かっ...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。